擬似クラス(pseudo-class)

 擬似クラス(pseudo-class)は要素の状態によるスタイル設定を行うことができます。
 書き方は、

エレメント:pseudo-class{

}

といった書き方をします。
 多くのプログラムでは、ユーザによる操作(一般的には入出力)をeventといいます。cssでも、キーボード入力やマウス操作に反応するeventのようなことができ、擬似クラスで扱います。
 擬似クラスには以下があります。 擬似クラスにはeventのようにユーザの操作に反応するクラスもありますが、:first-childのように最初の子要素というようにwebページの構成要素を静的に自動で抽出するクラスもあります。さらに擬似要素があります。

:active ユーザーの操作で要素がアクティブになった際のスタイルを指定します。 a:activeでは“クリックされてから離されるまでの状態”です。
:checked
:disabled
:empty
:enabled
:first-child
:first-of-type
:focus
:hover ユーザーの操作で要素にカーソルなどが乗った際のスタイルを指定します。 a:hoverでは“カーソルは乗っているがクリックはされていない状態”です。
:indeterminate
:in-range
:invalid
:lang()
:last-child
:last-of-type
:link 未訪問リンクのスタイルを指定します。
:not()
:nth-child()
:nth-last-child()
:nth-last-of-type()
:nth-of-type()
:only-child
:only-of-type
:optional
:out-of-range
:read-only
:read-write
:required
:root
:scope
:target
:valid
:visited 訪問済みリンクのスタイルを指定します。